目立ちにくい矯正

目立ちにくい矯正装置について

日本では欧米よりも「目立ちにくい矯正治療」を選択する患者さまが多いです。そのため歯の表側ではなく、裏側に矯正の装置をつける治療やマウスピースによる治療を希望される方も多くいらっしゃいます。

 

 

目立ちにくい矯正装置について​

舌側矯正治療(裏側矯正)について

歯の裏側へ装置をつけるということは、「他人から矯正をしているように見えない」というメリットがあります。

治療期間が長い中で矯正装置を気にする患者さまも多いと思います。

舌側矯正治療であれば歯の裏側に矯正装置が付くため、他人から気づかれにくく、人前に出ることが多い方でも矯正治療ができます。

舌側矯正治療(裏側矯正)について

舌側矯正治療(裏側矯正)のメリット・特徴

「見えない、早い、快適」の超小型矯正装置

舌側矯正治療(裏側矯正)の最大のメリットは、歯の裏側に小さなブラケットを取りつけるので、外側から見えることは、ほとんどありません。

さらに清瀬矯正歯科では、最新の超小型装置を採用しているため、「見えない、早い、快適」と患者様からお喜びの声をいただいています。

「見えない、早い、快適」の超小型矯正装置

裏側だから見えにくい!

歯の裏側に装置を装着する裏側矯正(舌側矯正)だから見えません。

小さくて薄いから快適!

非常に小さく薄い矯正装置ですので話しやすく食べやすくなりました。また、丸みを帯びたデザインにより、歯磨きしやすく舌感が快適になりました。

小さくて薄いから快適!

痛みが少ない&早い!

今までのおよそ10分の1の弱い力により、「痛みが少なく」「より速く歯が移動」します。

痛みが少ない&早い!​

カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)

矯正治療というと、従来は歯に装着したブラケットとワイヤーがどうしても目立ってしまっていました。食べものがワイヤーに付着したり、歯磨きがしにくかったりするなどデメリットが多く、さらには痛みをともなうこともありました。大人の場合、目立つ矯正器具を着けたまま仕事をすることに抵抗があり、矯正治療をしたくても前向きになれない人も多かったです。

当院では、カスタムメイドマウスピース型矯正装置の中でも、特に安心・快適にご使用いただける最新装置=マウスピース矯正(インビザライン)を採用し、治療を行っています。

 
カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)

「透明」なプラスチック製マウスピースを装着

カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)は、患者さまごとに専用設計、専用製造された装置です。薄い透明のプラスチック製のマウスピース(アライナー)タイプで、周りの人は誰も治療を受けていることに気づかないほど、目立たないのが最大の特徴です。

プラスチック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がなく、重篤な金属アレルギーの方でも安心して装着できます。また、歯茎までの薄くなめらかな装置なので、口腔内の痛みやしゃべりづらさ、発音障害もほとんどありません。接客業務などの仕事をされている方でも気軽に矯正治療を始めることが可能です。

 
「透明」なプラスチック製マウスピースを装着

自分で取り外し可能。しかも清潔

カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)は、自分で取り外しが可能な点が、従来のブラケット+ワイヤーによる矯正と大きく異なる特徴です。異物を装着しているという不快感が軽減されます。自分で取り外せるので、自宅でも外出先でも、いつでもブラッシングしやすく衛生的です。食生活や歯磨き、フロスの習慣に影響がなく、これまでどおりに歯と歯周組織の健康を保つことができます。

自分で取り外し可能。しかも清潔​

装置の使用法について

患者さまの口腔内を隅々まで検査した結果や治療計画を元に、治療の進行状況に応じて新しいマウスピース(アライナー)をつくり、受診ごとに担当医から患者さまにお渡しします。これにより、少しずつ歯が移動して、計画どおりの歯並びへと近づきます。

使用に際しては、1日20時間の装着が必須です。食事、歯磨き以外は装着する必要があります。(就寝時間含む)

 

※インビザラインは医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

 

カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)の治療の流れ

1.カウンセリング

患者さまのお口の悩みをお聞きし、必要な処置、治療期間、費用などをご説明します(約30~60分)。

2.精密検査

カスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した矯正治療に必要な検査を行います(約30~40分)。口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影、歯型取りを行います。

3.診断・契約

治療計画についての説明、契約書の作成を行います(約30~40分)。

4.治療開始

2週間ごとに、次のステップのカスタムメイドマウスピース型矯正装置(インビザライン)を、患者さま自身で交換します。また、決められた間隔で通院し、装置の使用状況や口腔内状況の確認をします。